なぜかこういった依頼が・・・・?

うちで、よくライブの企画をしたりロカビリーのバンドで出演してくれる方が、こんなものを持ってきました。

 

 

 

なんとウッドベース! しかも新品&珍しいカッタウェイが入ったもの!!!

で何の依頼かといいますと、ピックアップをつけてほしいと

 

 

これは前に使っていたやつからむしり取ってきたらしい。

弦の振動を拾うコイルのピックアップと、ブリッジに張り付けるピエゾと、あとスラップの「カチカチ」いう音を拾うピエゾが付きます。

 

ネックの一番下に付く形なんですが、本品がおっしゃるには「指板を貫通してねじで止めてもらってもいいですよ」と

それはいくら何でも、そんなところぶち抜くなんて度胸は持ち合わせておりません。ハァ〜

どのみちどこかに穴をあけて止めないといけないのですが、できるだけ目立たないところで、もし失敗しても目立たないところがいいな・・・・なんて卑怯なこと考えて思いついたのが、フレットの横からタップビスで止めるのがいいんじゃないかと。

 

で、アルミ板とアルミのLアングルを加工してこのピックアップを止めるアタッチメントを作ることにしました。

細かな金属加工とか木工とか苦手なのですが、できるだけ丁寧に作ってみました。

 

 

いかがでしょうか? 横から見るとこんな感じ

 

 

穴あけに失敗することもなくまぁまぁの出来です。

指板は黒檀なんですが、なんとも硬くて下穴をあけるのに、金属用のドリルでもちょっと熱くなるくらいグリグリやりました。

 

今回は何とか出来たんですが、私、音響屋でアンプとかエフェクターとか弄るのは好きなのですが、「あ〜こんなのもやってくれるのか」と言って、この手のはできればご勘弁願いたいところです。

とはいっても、田舎の福知山じゃやってくれるところもないので、友人の頼みなら頑張ってしまうのですがねぇ。

で、無事納品できたんですが、またもやクラフト系がらみの依頼が・・・・

 

 

こいつのリアをハムバッカーにしてほしいと・・・・・「フェンダージャパンやし、ハムが入るようにざぐってあると思うで」

とのこと。

開けてみると、そんなもんはありませんでした。

オーナーさんに確認してみると、「出来たらやってほしい。」とのこと・・・・まぁ、道具はあるんでやってみますかね

 

 

ジャパンといえどもちゃんとしたパーツが使ってあります。

 

 

まぁ、なんともおしゃれで大人な雰囲気。   でも、やっぱりザグらなあかんのやね。

 

 

とりあえずばらして、ピックガードを当ててザグるところをマーク

 

 

養生テープでマスクして。ザグりの角をドリルで穴開け

さあ!やったるで〜〜〜!

 

 

こんなもんで勘弁してください・・・シクシク・・・・。

 

 

おがくずだらけになりながら、とりあえずは何となくザグり完了です。

さぁ次はピックガードの組み立てかな。

 

 

ここで、ボディーと合わせて見んとあかんのに気が付いて、乗せてみると・・・・ハムのPU止めてるねじが長すぎて入りません。

んんんんんん・・・・・・・・・。今日はおしまいや。

 

そうそう、ハムはセンタータップでシングルと切り替え付きで、ついでにワイヤーはWEに交換です。

続きはまた明日?(今度?)

  • 2020.04.21 Tuesday
  • 00:49
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • - -
スポンサーサイト
Comment:
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カウンター
MOBILE
qrcode
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.