• 2014.06.22 Sunday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • - -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

DT-10モディファイ
久々に「DT-10」のトゥルーバイパスモディファイが入ってきましたので、その様子をレポートします。

先ずは、ケースを開けてIN/OUT基板を外します。


追加のリレーバイパスの基板を用意。この基板自体はTU-2と兼用ですので使わない穴も開いてます。赤い太い線は音が通るところですので、このモディファイの特徴の一つであるウェスタンエレクトリック、ヴィンテージワイヤーが使われています。
音のまとまりがよく微妙にプレゼンスが利いたようにヌケが良くなります。


DT-10の特徴というか、まあ設計不良?的なものでLEDの点灯に合わせて「ジジジジジ」というノイズが出ます。これは入出力間のアースが悪いために乗ってくるものみたいですので、対策としてジャック間のアースを補強します。
ノーマルの状態ですとこのノイズ対策と思うのですが、出力側にLCRのフィルターが付いていますのでこれも音質劣化の要因の一つですね。
入出力ジャックは実装パーツを3個外して基板から縁を切ります。


リレーバイパスの基板をIN/OUT基板に接着&配線をします。何をどこにつなぐのかは秘密ということで。
この状態で一度動作確認をします。


あとはケースに組み込むだけ。裏蓋が開いた状態はこんな感じです。


TU-2に比べてジャック周りのスペースが少ないのでスイッチクラフト製のジャックには交換できないのですが、接点クリーニングは必ず施して、ナットには緩み止め剤を塗って組み立てます。
本来ON-OFFは電子スイッチで行われていますので、ここにバッファーがどうしても必要なわけですが、これが曲者でチューナーを通すだけで音が変わってしまうのです。
これを普通にメカニカルスイッチ(DPDT等)でやればいいのですが、ケースの加工や内部スペース確保のための基板加工など問題が多すぎるので、このリレーによる方法になったわけです。
他のエフェクターにも応用は出来るのですが、回路の解析をしないと出来ませんのでなんにでもというわけにはいかないんですね。すごくたいへんな作業ですから。
  • 2014.06.22 Sunday
  • 14:11
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • - -
スポンサーサイト
Comment:
2016/08/11 8:25 PM, 松本タカヒロ wrote:
初めまして。

dt-10のトゥルー・バイパスのモディファイはいくらでしょうか?

よろしくお願いします。

大阪市中央区南本町3-3-23
松本タカヒロ
08042969408
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カウンター
MOBILE
qrcode
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.