• 2014.06.22 Sunday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • - -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

めちゃくちゃ久しぶり・・・。
 なが〜〜〜〜いあいだ、更新が止まってましたが・・・・。
仕事をサボってたわけでもなく、あまり目新しい記事奈が無かったんですが、一応なんとなく新しい?内容で。

アンプやペダル類は最近は完成してないのですが、音響屋の小物関係の製作がちょくちょくあります。
で、今日は「カフボックス」なるものの製作です。
音響屋さんに馴染みのカフボックスは100mmのフェーダーがついているのが一般的なのですが、その用途にはフェーダー(ボリューム)の意味がまったく無くて、MCの音声をON-OFFするだけの用途になっています。
で、その業界には「くしゃみBOX」なるものがあるんですが、これはただ単にスイッチで音声を入り切りするもので、MCさんがくしゃみが出るときに音声を切るためのものなんですね。
よくよく考えると、カフBOXってくしゃみBOXで十分ジャン。てなことですな。

この手のものの大手メーカーさんはスイッチのみで作ってらっしゃる。しかも何万円もしてます。
私がそんなものを買うわけ無いでしょう。
で、私なりの物を作りました。



ON時はこんな感じ


OFF時はこんな感じ。。

中身は、「フォトモスリレー」を使って電気的にON-OFFしています。
機械式(スイッチのみ)では入り切りの際にポップノイズが入りがちです。でも電子スイッチにするとバッファとかの回路も必要になるし、そうなると歪み無く伝送するにはそれなりの電源が必要になります。
そこで登場!フォトモスリレーです。
こいつは交流でも直流でもON-OFFコントロールが出来るんです。
素子の込み入ったことはおいとて、コントロール端子に電流を流すとON、とめるとOFFです。
そう、リレーと同じです。
違うのは「接点」が無いところ。稼動部が無いんです。ということは寿命が長いのです。

実験回路ではON-OFF時のポップノイズが目立ちましたから、ON-OFF時に急激な立ち上がり立下りが無いように時定数を持たせました。
これのおかげで、プチプチとON-OFF時のノイズも無くなり良好です。



中身はこんな感じでシンプルなものです。

単三電池2個で動作します。


音声OFF時は16.5mA  ON時は概ね40mAの消費電流です。

アルカリ電池でONの連続で概ね15時間。
これはエネループProを使うことを想定してますので60時間は使えます。



音声OFF時にも電力は必要です。きちんとミューとするためにフォトモスリレーのミュート回路が働いているからです。

これも含めて、電源を入れっぱなしで2日以上は稼動するということですね。

サンクラ・スピリットLIVE4を解体
 長年使ってきたサウンドクラフト・スピリットLIVE4兇、古くなってトラブル続きだったので数ヶ月前に引退しました。
このままでヤフオクとかで売り飛ばすとしても二束三文ですし、捨てるにしてももったいない。
以前にモディファイした高級パーツは外しておきたいし・・・・。
で、たぶんまだ現役で活躍しているのもあるんじゃないかと思って、メンテナンス用に解体してヤフオクに出品をもくろんで・・・・。



まぁ、パネルやケースなんかはどうしようもないのでしょうから、フェーダー・ポット・スイッチを2チャンネル分まとめて出品の予定です。
マスター関係は、グループモジュール4Ch分で1パックとステレオマスター+AUXマスター分で1パック。



フェーダー・ポット・スイッチは殆どガリも無くまだ使えます。で、ゲインポットは2年前に新品にした物でこれもまだ使えます。



引退に到ったのは、恐らくインサートジャックの接触不良や、内部配線のフラットケーブルあたりのコネクタの接触不良などアナログ卓にありがちな経年劣化ですね。

もしのこの記事を見て「欲しい!」と思われた方は、リンクのHPの問い合わせからメールいただければと思います。

一応、パッケージあたり¥1000から開始でヤフオクに出しますので、メールいただいた方には開始価格でお譲りします。
来週水曜日以降に出品の予定ですのでそれまでにメールください。
マイクプリ その1
 今日は大雪のため、篠山への出張は断念しました。
準備しておかないといけない物もまだありましたし、まぁ今日のところはよしとして。

話はお題の「マイクプリ」
去年、新日本無線がHiFi専用オペアンプとして「MUSES01」と「MUSES02」という物をリリースしました。
私も気になったので数個購入してそのままになってたんです。



これでマイクプリを作ってみようということです。

で、バランス信号を入力段でゲインを調整しようとすると、ホットとコールドを同じだけ調整できないといけません。
そうなると「インスツルメンテーションアンプ」という、2段構えの構成にしなくてはいけないのでオペアンプは3個必要になります。

MUSESは1パッケージに2回路入ったタイプですので、2個使うと1回路余ってしまいます。
1個3400円もするのに、半分使わないのはもったいない!
でも、2Ch仕様にしすれば回路数の辻褄は合いますが、1個で2Chにまたがって使うことになりますから、気持ちが悪いです。

この「インスツルメンテーションアンプ」は

ホット側アンプ   ↓
                           差動アンプ
コールド側アンプ↑

という構成で、初段でゲインを稼いで、2段目で合成しています。

これってどうなんでしょう?初段ではホット・コールドの両方は非反転または反転回路で構成してお互いに負帰還を掛けますから両方同じ条件になるんでしょうが、2段目で合成する時にはホット側とコールド側に入力しますから、入力による違いが出るんじゃないのかな?

シンプルに、初段で固定ゲイン入力なら1回路でいけるし、そこで合成されますから、2段目で希望のゲインになるように増幅すればいいんじゃないかと思うんですが・・・・。
先に(初段で)ゲインを稼ぐか、両方で稼ぐかの違いで、後者のほうがシンプルな回路になるし、いいんじゃないんですかね?

ということで、後者の方式で

入力→ー20dBアッテネータ→ハイパスフィルター(入力コンデンサを5段階ほど切り替えてカットオフを変えるパッシブな1次フィルター)→固定ゲイン(20dB)バランス入力アンプ→可変ゲインアンバランスアンプ→出力

という構成で考えてます。
これでいくと、2段構成で1個のオペアンプでできますから、それにシンプルな構成ですから、MUSESの実力を見ることができるんじゃないかと。

周辺回路で、初段のクリップ監視にピークランプと出力のVUメーターは欲しいところですね。
この周辺のほうが回路が複雑になりそうですな。

パラメーターはハイパスの切り替えと、ゲインのみの超シンプルマイクプリ!
思惑どうりにいけば、レコーディングエンジニアでいつも活躍しているM氏に気に入っていただけると思うんですが・・・・。

大正琴のシステム・・・06
 テスト基板での調整も終わり、いよいよ製作に取り掛かってます。
なんにしても、あれもこれもと一度にこなせるほど器用ではないので、とにかくこいつを片付けたい!



システム全部で使う基板です。
子機が48台+予備2台。親機の8Ch分+予備2Ch。予備の電源基板です。

いつもペダルを作る時はせいぜい5台分くらいですので、さすがに大変です。

これが出来上がっても実はまだあるんです。
これの接続に使うケーブル類。
普通のキャノンケーブルなんですが、今あるのは通常の音響でまかなえる位の本数(7~80本)しか有りません。
このシステムを使うのにはおおよそ40本が必要になります。
で、いつもの卓周りやら何やらで、約40本。
で、今年に限って当日別な現場もありで、こちらにも20本くらい必要です。
安全圏を見ても30本くらいは作っておかないといけないのです。
おまけに、システムの運用に便利なように8Chマルチの先バラ変換も必要です。

さらにさらに、こんな時に限ってアンプの修理が2台+ミキサーの修理が1台。先に入っていたアンプの製作が1台と、更に追い討ち?
以前修理したマーシャルメジャーが不調になったとの知らせが・・・。

このご時勢、余分な予算は出ませんので、私一人でがんばるしかないのでありました。
大正琴のシステム・・・05
 親機の1チャンネルの部分と電源基板をやっとこさ作れました。
で、レコ卓に繋いでヘッドフォンで出音を確認!
何でヘッドフォンなのかというと、現場を想定して弦の音は聞かずにPAからの音だけを確認したかったからです。

で、問題
なんとなく歪んでます。電源供給量と全体は計算ではOKなのですが・・・・。
ここで、大正琴が出力している波形をオシロで見てみました。
アルト大正琴(たぶん)ですが、思いっきりピッキングしたときのピーク電圧はおおよそ1V(p−p)に達しています。
回路設計上トータルで20倍の増幅率ですので歪むのは当然ですね。

で、これの対策はトータルで2倍の増幅率に変更。
因みに、なんでこんなに極端に落とすのかというと、人の感覚は「log」いわゆる対数関数的に感じるところなので、0を一個取ったくらいがいいのです。

次に、どうもローパス具合が低いところ過ぎるようで、「弦が死んでる」みたいな音になってます。
2kHzのローパス(-12dB/oct)の設定でしたから、これを3kHZに変更。後の補正はミキサーのEQに任せてもいいくらいに設定できたと思います。

で、「ループセレクター」の記事にも書いていたのですが、電源アダプターがスイッチング電源ですので、トランス型より高いところのリップルノイズが出ています。
これの対策として、トロイダルのフェライトコアにホルマル線を巻いたコイルと、コンデンサでフィルターにして防いだのですが、今回使用の電源アダプターは16V4Aのツワモノですのでたっぷりと漏れてきてます。
たぶんこれは一回路分しか使ってないので消費電流が少なく、コイルの効果が発揮されていない物と思われます。
で、コイルを通った後に、1KΩ1Wの抵抗を負荷に入れてみます。
おおよそ16mAの消費電流です。(おおよそ0.26Wの消費ですので安全圏を見て1Wにしました)

これは見事にヒット!ノイズはほとんど無くなりました。
本来ならこの1回路分約6mA×48+αなので対策なしでもいいようなものですが、もしかして極小規模で使うことがあると困りますので対策を施しておいたほうがいいですね。

因みに、想定の子機48台と親機が目いっぱいの出力をしたときでもおおよそ1Aの消費です。
アダプターや電源回路は十分に安全圏ですが、業務用で使用する、信頼度を要求されるところは、許容の25%が理想です。


しかぁ〜し!子機50台分&親機のチャンネル分8&電源の基板を一気に作るのは結構な労力が必要ですね。

この努力が、大正琴の先生方や宗家・家元先生方に理解してもらえればいいのですが・・・・あまり期待しないでおきます。
大正琴のシステム・・・04
 前回の子機試作で、ケースの内側に折り返しが有るのを見逃していて、穴あけ&基板の組み込みに苦労しました。

で、やはり基板の設計からやり直し・・・・。
まぁ、試作段階ではありがちなんですが・・・・・。


なんせ、これを販売するわけではありませんので、予算をできるだけ節約しないといけません。
でも、これから10年くらいは使える目標で作ってますので、難しいところですね。

これのケースはアルミ板の加工品で、厚みは1mm。
ですので、けっこうやわらかく返って穴あけが難しいのです。

なんだかんだで、試作2号機ができました。


うまく撮れてませんが。ケースの下側の蓋をアクリル板で前後に飛び出る格好で取り付けてます。
これは、テーブルに固定するのにガムテで張って固定しますのでこういった格好になりました。
初めはクランプで固定しようかと思ってましたが、それではテーブルの淵側にしか設置できないので、こんな方法になったんです。


実際に使うときはこんな感じになります。

けっこう頑丈に固定されますので、ケースに手を添えなくても、まったく問題なくジャックの抜き差しができます。

CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カウンター
MOBILE
qrcode
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.