• 2014.06.22 Sunday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • - -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スピーカーダミーロード
 去年の5月に作ったものと同じ仕様ですが、オーダー頂きましたのでアップします。


概ね同じ仕様です(ケースも中身も同じです)が、変更点は・・・ラベルが貼ってある・・・・。

前回のオーナー様と同じく「ヒューケト」をご使用のようです。
宅レコで使うのでしょうか?アンプヘッドのラインアウトをレコーダーに入力したいそうです。
前回の時は「そりゃそうだ、チューブアンプはスピーカー出力に何もつながってないと危険だわ」 と思ってたのですが、ヒューケトのアンプのラインアウトって回路上のどのポイントから出てるんでしょうか?
回路図が手に入らないので何とも言えないのですが、マスターボリュームを絞っておけばスピーカーアウトからは出力されない状態で、ラインアウトが出るんならこの「スピーカーダミーロード」は必要なくなるんです。
マスターボリュームを上げなければスピーカー出力は出ないので、何もつながっていなくても出力トランスは何事もなくそのままですから。
ってなことを考えながら、そうは言っても心配だからというのも分かります。
なんせ真空管アンプはナイーブですからね。

まぁ、これを使えばパワー管でドライヴした音をラインレベルに(レコーダーに入れてもいい状態)にできるので、持ってて損はないと思いますが。
そうそう、ちなみにマーシャルの三段積み(キャビを2台使う)の代わりに1台分はこいつをつなぐと、キャビ1台で三段積みの音色に近くなります。

さて、中身は何かといいますと「ただの抵抗」です。
スピーカーに送って音になる電気エネルギーを熱に変える(無駄に消費する)ものなんですね。


先ずは例のごとくアンプ製作にも使っているガラスエポキシ板に穴あけ&ハトメ半田端子をつけます。


で、大電力抵抗にはたいてい「ホーロー抵抗」や「メタルクラッド抵抗」が使われるわけですが、これがまた高い!
で、前回も書いてましたが、セメント抵抗を使います。1個当たり20Wですから、数で勝負です。
熱量も多いのでそれなりに通気口なんかも配慮します。

56Ω20Wを7個並列で8Ω140Wになります。この手の大電力の物でもマージンを見て半分以下で使うのが通常ですから、この塊を2個直列にして16Ω280W(定格)ですので100Wリミットで使うのでまずまずの設計ではないでしょうか?


50w出力の(RattManスペシャル)アンプでテストです。


スピーカーアウトの電圧はこのとうりですので、ほぼ50wが出ています。(1Khz正弦波です)


概ね30分放置して一番放熱的に不利なところの温度を測ってみました。
かなり熱いです。少し触って「熱い」と感じるくらいですね。


ケースの上側の温度です。これも蓋をして概ね30分くらい放置してからの温度です。

100Wでやったら、80度くらいになるんじゃないでしょうか?電気を無駄遣いしていい音を作るんですから仕方がないですが、火傷に注意ですね。

そうそう、前にも書きましたがこれをフルパワーで何時間も連続使用したら熱くなるだけじゃなくって、アンプのパワー管も消耗しますから・・・やりすぎに注意です。
変わったものをオーダーいただきました
  何かと言いますと、「スピーカーダミーロード」です。
何をするものかと言いますと、スピーカーの代わりにアンプにつないで、音を出さずに色々と測定するためのものです。

一般のミュージシャンには必要のないものなのですが、真空管アンプは、スピーカーなどの負荷をつながずにボリュームを上げる(パワー管を働かせる)と負荷インピーダンスが高くなりすぎで、出力トランスやパワー管に負担がかかり壊れることがあるのです。
トランジスタのパワー部なら問題がないのですが、真空管でこれをやるとやばいです。

で、なんでこの依頼主さまはこんなもんが必要かと言いますと、ケトナーのヘッドをプリアンプ換わりに使いたいと。
で、センドリターンのセンドから信号を取り出して別のアンプを鳴らそうということらしいです。
が、スピーカがつながっていないとやばいことになるというわけです。

どうせならダミーだけでなく、ラインレベルへ変換&ボリュームをつけてしまえと・・・・この部分は依頼ではなく私の勝手でやってしまえ!ということで。


予算が非常に少ないので、メタルクラッドとかホーロー抵抗何かは使えません。
それほど精度なんかも必要がありませんので、私がテスト用に作っている物と同様にセメント抵抗で作ります。
1本の許容電力が20Wですから、数で勝負ですな。

そう、そのテスト用を作った時の余りというか、余分に入手しておいたものが使えます。



56Ω20Wのセメント抵抗です。これを7本パラで繋ぐと8Ω。
このセットを2個シリーズで繋ぐと16Ωということになります。
で、容量は280Wですが、この手の抵抗でも半分以下で使用したほうが無難です。アンプなどで使う小電力の場合は特に1/4以下で使うのが通常です。
この場合は100Wアンプで使うということですので、これでOKですね。とは言っても、フルで長時間使うと電気コンロ並みに熱くなるので要注意です。



いつものアンプで使うガラスエポキシ製の板に電極用に真鍮製ハトメを打ち込んで、通気用の穴を開けたところ。



基盤に密着してしまうと通気しなくなりますから、若干浮かせて取り付けています。
後は1.5mmのスズメッキ線で配線しています。



本当は平で行きたかったのですが、ケースがでかくなってしまいますので、二階建てにしました。

ケースの通気孔も上下にしたほうがいいのですが、諸々事情により(上下は鉄だから開けにくいのです)背面にしました。



内部の発熱もありますから、ワイヤーはテフロン被覆を使用。
ラインアウトは47K抵抗で分圧して5Kボリュームで調整できるようになっています。ということは、最大出力100Wで入力された状態で、
ラインアウトの最大は概ね4Vということにないます。
これのラインレベルボリュームを9時位で使えば、アンプをフルアップして、パワー菅の歪も出した贅沢なプリアンプとして使うことも出来るでしょう。
でも、パワー菅の消耗はキャビを使った時と同じですから、やりすぎに注意ですが。



ケースにゆとりを持たせてますから、ヤケドの心配は無いと思いますが、どんな状態で使用されるかわかりませんので、ちょっと心配です。



後ろはこんな感じ。

この手の物って欲しい人は居るんでしょうかね?
因みに、同じものでしたら¥10,500で作ります。

「でっかいチャンプ」の続き2
 先ずは100V電源周りの配線→ヒーター関係の配線をします。
できたら、ヒーター電圧のチェック&真空管を挿して電圧チェックです。



パワー管が電源トランスに近すぎますが・・・シャーシが小さいのでしかたがないのです。
左手前に見える青いコネクタがノイトリック製「パワコン」です。少々仰々しいのですが、しっかりロックされますから安心です。



ヒータが点っているのがわかります。
いつものように、パワー菅は交流点火、プリ管は直流点火です。

電流容量に余裕があるので、パワー菅は6.7V位有ります。まぁこれはいいのですが、プリ管は整流しているのと、トランスの電流容量に余裕があるので8V位になってしまいました。
これではまずいので、抵抗を入れて調整してやります。



電源周りの配線がほぼ出来た状態。

やはり狭くてけっこう苦労してます。
何となく、困ったことになりそうな・・・嫌な予感が!


今日はもう一つ 「でっかいチャンプ」の続き
 シャーシの穴あけもできて、パーツを取り付けました。



配置に悩みましたが、なんとか形になったんですが・・・・。
内部が狭くてこれから後が心配です。

普通のメーカーでは無いような、実験的な試みも取り入れていますので、これは売るつもりで作るんでは有りませんが。
その内容は、
B電源のトランジスタリプルフィルターでの生成。(D氏のアンプで実用済み)
▲轡鵐哀襯▲鵐廖A級シングル)での固定バイアス採用。
シャープカットオフ菅の3極接続でのパワー菅ドライブ。
げしいロシア菅の採用
ヅ展札ぅ鵐譽奪箸鬟離ぅ肇螢奪のパワコン採用。
Ε僖錙蔀覆鬟轡鵐哀襯Ε襯肇薀螢縫回路採用。

さぁ、うまくいくんでしょうか?

気まぐれで、作ってます
 前回も書いていた「でっかいチャンプ」を作りかけました。

内容は、6550かKT88を使ってシングルでパワー部を構成。
チャンプもシングルアンプなのででっかいチャンプというわけです。

まぁ、誰からのオーダーでもないので、パーツの選定なんかも今持ってる物を使う感じで、しかもヤフオクとかで衝動買い?というか興味半分で買った物を使いつつ、私のおもちゃをつくるという感じですね。

プリ管には、ロシア製&ロシア規格の6Н2Пという玉を使います。
これは12AX7のロシア版で、ピンアサインが違いますが同様に使えるというもの。
で、2ユニット入っている間にシールドがついてます&プレートがボックスタイプなので、で音もJJやソブテックに似ているんじゃないかと思ってます。

更に変わり種ということで、6AU6という玉をパワーのドライブ菅に使います。
これは、シャープカットオフ菅と言う5極管ですが、これを3極接続で使うとけっこういいらしいです・・・・オーディオ的にはですが。

で、シャーシのトップパネルの加工ができたところ。



ボンネットタイプのシャーシですから、この上にパンチングネットのカバーが付きます。

横幅25センチ程度のものですから、スペース的にきついかも?ですが。

遊び心満載?とまではいかないと思いますが、ちょっと奇抜な回路も組んでみたいと思ってます。
新たに、アンプ作製1
 ずっと以前から構想してたんですが、いろんなゴタゴタもいくらか片付いて、戦意喪失状態からも徐々に開放されましたので、いよいよ取り掛かろうと思います。
何かというと、「チャンプのでかいやつ」です。
ず〜〜〜っと以前に一般的なチャンプを作ってみたのですが、音は物凄くいいのに音量が・・・バンドで使うのにはちと苦しい。
なんせ6Wですから。
で、20Wくらい出ないものかと。しかもあのクランチが出せる・・・ということは、どうしてもパワー部はシングルでないといけませんな。

で、なんだかんだといろんな修理やなんかに関わってきて、そうD氏のアンプにも使った「6550」というでかい球にであった。
しかも、結構良い状態の中古の球も手に入ったし。

てなわけで、構想を練ってきました。



今回使う球は、この3個。
メインはエレハモの6550です。そう。輸送事故でセンターのガイドが折れてたあれです。差し間違いがなければそのままでも使えるんですが、瞬間接着剤でとりあえずは修理しました。

で、お次は初段増幅に6AU6と言う奴を。
昔のレコ卓にはよく使われてた物で、シャープカットオフ菅というもの。
ギターアンプのプリ管で5極管を使っている例はあまりなく、私もVOX AC15位しか知りません。

で、さらに、プリ管に12AX7の特性上は互換でピンアサインが違うロシア製のモノ(ボックス型プレートの高信頼型?)の6N2PEVという怪しいものを使ってみたくて・・・・。



ユニット間にシールドも入っていて、なんだかいい感じが?

で、さらにケースはオーディオ用のボンネット型?小ぶりでも何となくノスタルジックなモノに。



一応、こんな感じで並ぶかな?

さぁ、どんな感じになるんでしょうか?
電源トランスの関係で、めいっぱいまでの出力は見込めないでしょうが、20W位は出したいですね。
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カウンター
MOBILE
qrcode
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.